ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

犬の認知症も確実に増える!

2017年07月30日(日)

クリックの応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

愛犬にいつまでも元気でいてほしい。

この願いは、誰もが持っている事です。

 

現在、犬の登録頭数の半分以上は8歳と言われており、

日本の犬の社会も超高齢社会になります。

 

人間でも問題となっていますが、犬の世界も「認知症」は

大きな問題となってきます。

 

大型犬は6~10歳、小型犬は12~16歳に発症すると言われています。

また、認知症の約30%が柴犬の認知症なんだそうです。

我が家の高齢犬たち

 

食事なども考えると、オメガ3脂肪酸(DHA、EPA、αリノレン酸など)

が良いそうです。

食材でいえば、青魚、亜麻仁油が豊富です。

 

そして、食と同時に考えないといけないのが、脳や身体への刺激です。

 

犬の場合も、人間と同じように

「見つめる」「話しかける」「触れる」「寝たきりにしない」の4つの

ポイントが大事になると言われています。

 

人間の場合、上記の事を考える事ができるのですが、

犬の場合は犬の足腰が弱くなると、「無理をさせるのが可哀想」

という気持ちが強くなり、寝たきりのままにさせ、

認知症が発症したり、余計に悪化させてしまいます。

 

高齢犬になればなるほど刺激を考えないといけないという事ですね。

 

私は、脳に刺激を入れるのであれば、しつけに通うのも十分な運動と脳の

活性化になると思います。ちなみに、犬は何歳になっても健康であれば、

覚えてくれます。

 

そして、より認知症予防や刺激になるのは、ドッグダンスです。

犬にも音楽と指示の情報が同時に入ってきて、アクティブにも動きますから、

最大限に刺激を入れることが可能です。

しかも、足腰も強くなるので言いことづくめです!

これから、こういった問題は絶対に増えていきます。

今のうちからできる事をしておきたいですね。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 
クリックの応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る