ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

動物と戦争~ドッグトレーナー・ドッグセラピストだからできる事~

2017年08月15日(火)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑クリック応援お願いします!

 

今日は8月15日の終戦記念日。

第2次世界大戦では、諸説ありますが8500万人、

世界の人口の2.5%がこの戦争で亡くなったそうです。

 

戦争では、どうしても人にフォーカスされますが、

当然動物たちも犠牲になります。

 

戦争で亡くなった方や動物たちに黙とうをしました。

 

あまり知られていないですが、

イギリス軍やアメリカ軍でもネズミやコウモリ、猫にまで爆弾を持たせる作戦もあり、ソビエト軍は爆弾を持たせた犬を戦車につっこませるという事もしていたそうです。

動物と戦争を調べれば調べるほど、耳を塞ぎたくなる話がたくさんあります。

 

ここまで戦争は、愚かな考えに行くのだと思うとやるせなくなりますね。

 

もちろん日本でも例外はなく、

太平洋戦争中の日本では、以下の回覧板が回ってきたそうです。

犬の特攻隊は、日本の本土決戦に向けて実際に国防犬隊が編成されていたそうです。

私も毛皮の為に集められていたというのを良く聞きますが、

「国の為に!」と自身の愛犬を差し出す方が多かったそうですが、

差し出したくないが非国民と言われないように、

犬を遠くに連れて行く人もいたそうです。

 

人だけではなく、多くの動物も犠牲になる戦争。

 

現在、ミサイル問題で再び戦争の危機になっています。

「戦争は最大の公共事業」と言われているのを聞いたことがあります。

軍需産業の株もどんどん上がっているそうです。皮肉ですね。

 

「仕事というのは、地球全体が幸せになるものでないといけない」と私は考えています。

 

それと、ドッグトレーナー・ドッグセラピストとして命を扱っている職業だからこそ、

今の子どもたちに動物ってどんな存在なのか?を伝えていく事がたくさんあります。

 

ドッグトレーナーもドッグセラピストも外の世界をもっと見て、

行動していくべきですね。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑クリック応援お願いします!

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る