ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

命は有限 

2017年08月17日(木)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑クリック応援お願いします!

 

「永遠ってないんだな~」

 

秋の涼しい夜。

多摩川の河川敷の芝生の上でジルとこまじの2頭で空を眺めている時、

一緒にいる事が何とも言えない幸せな気持ちになり、

「ず~っと一緒にいたいな」とつぶやいた事があります。

 

犬たちは何も言わず私のそばで一緒に寝転んでいました。

 

それから7年が経ち、ジルは14歳、こまじが11歳になりました。

(左がコマジ、右がジル)

 

先月、ジルに悪性腫瘍が見つかりました。

肛門嚢あたりにできるアポクリン腺癌。

リンパや肺に転移すると言われますが、

幸いにも現時点で目に見える転移はなく、獣医さんからは手術を薦められました。

 

「取り除かないと、予後はあまり良い状態ではなくなる」

 

それと同時に言われた事は

 

「もし取り除いたとしても、アポクリン腺癌は転移する可能性がとても高く、

転移している事は考えないといけません。

延命治療ではなくQOL(生活の質)を維持してあげるかどうか」

 

抗がん剤は使用する気はなく、抗がん剤より大幅に副作用もないと言われている

分子標的薬も毎月7~8万のコストがかかります。

しかも、癌の進行を止める効果があっても、小さくすることは出来ないそうです。

 

セカンドオピニオンとして自然療法で有名な東洋医学の獣医さんに話をしても

サードオピニオンに相談しても、人のお医者さんに相談しても、

「まず、今の(血液検査などの)健康状態を見れば、手術は出来ます。

とにかく癌を取り除くべき」と言われました。

 

2週間妻と悩み、手術をする事を決めました。

 

こういうときって男(私だけ?)はダメですね。

妻の方が「も~悩んでもしょうがない!手術をしちゃえ!誰が何言おうが

責任を持つのは私たち飼い主なんだから!」と決断。

 

先日、ジルの癌は無事に取り除くことができました。

 

今後は、抗がん剤や分子標的薬は使わずに、転移を食い止める為に

食事など自然療法で治療を続けていきます。

 

皆さんにも為になる情報があればブログでお知らせしていきますね!

 

現在、ジルは健康状態も良好で、大好きなご飯もバクバク食べています。

この姿を見るだけで幸せですね。

入院しているジル

 

14歳の高齢犬でも手術ができるくらい医療が進んでいるんですね。

人間でも100歳の方でも手術をした例も普通にあるそうですよ!

 

ジルと闘病生活となりますが、いかに今までと変わりない生活を

させる事が出来るか?QOLの部分も考えていないといけません。

 

元気な時は、ずっと一緒にいる事が当たり前に思いますが、命は有限。

あと、何回一緒に太陽や月や星を見れるのか?

 

1日1日大事に明るく笑いながら、心を添えていこうと思います。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑クリック応援お願いします!

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る