ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

ドッグセラピストの導き方で教育も変わる!

2017年11月22日(水)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いします!

 

アニマルセラピーでは、AAE(Animal Assisted Education:動物介在教育)

という分野があります。

教育分野に動物を介在させて命の大切や、思いやりを学ぶものです。

 

今日は板橋区にある小学校へのドッグセラピー訪問。

ファン、レオ、ミント、マスク、サン、おんぷ、くるり、みるの8頭で訪問。

教育分野では、知ることと考えることがとても大事です。

また、知ることには発見することと教えてもらうことがあります。

 

ドッグセラピストは、その知ることと考えることをうまく誘導しながら

子どもたちに学んでもらうことが必要。

 

ふれあいでは、人と犬の違いを探してみよう!と投げかけ、発見を促します。

 

子どもは、耳が大きい!とか4つ足などと色んな発見をします。

次にその発見をセラピストが、なぜそうなんだろう?と考えさせます。

 

いっぱい子どもたちの意見が上がります。

 

行き詰ったころに、

じゃ~実際にやってみようか?と子どもたちに犬になってもらい実施します。

そこでまた、発見をしてもらい考えてもらいます。

 

ドッグセラピーの教育分野では、答えも大事ですが、

それ以上にプロセスが大事です。

 

今日の小学校の訪問では、セラピードッグたちと

4つ足になってかけっこゲームをしたそうです。

 

早い!楽しそう!もっと走りたそう!広いところで走りたそう!

 

子どもたちが犬に対して思った感想です。

 

ドッグセラピストは、

そうすれば、4つ足なのは速く走るためかもしれないね!

もっと広いところや遠くまで走るためかもしれないね!

 

ドッグセラピストはここで結論付けを行います。

そして、みんなも同じじゃない?と共感させることで、

より身近に感じて大事な存在と思わせていきます。

 

子どもたちの観察と発見と考察と実施が

セラピードッグを入れるだけで、形が出来上がります。

犬たちは素晴らしい教材です!

 

ちなみに、かけっこの時、セラピードッグを応援するより

友達を応援することが多かったそうです。

 

これも、輪をつくる意味でも大事な部分ですね!

 

感謝

ジャパンドッグアカデミ―・ウィジードッグクラブ

島本

 

12月3日(日) 埼玉県鶴ヶ島市 カインズ鶴ヶ島 わんわん運動会

以上の日程で開催します。
見学自由です。是非見に来てください。

 

↓クリック応援お願いします!
ようやくスマホからもカウントされるようになりましたのでお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る