ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

挑戦する!セラピードッグの成せる業

2018年04月27日(金)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いします!

 

ドッグセラピーの対象者には様々な方がいらっしゃいます。

認知症の方、車いすの方、ベッドから起き上がれない方…。

ドッグセラピストは対応できるように、知識を持ちますが、

やっぱり現場では100%当てはまることはありません。

 

だから、JDAでは受容と共感をドッグセラピストは持つように指導します。

この基本姿勢は全てに対応できます。

 

でも、もう1つあるんじゃないかな?と思うことがありました。

 

今日、ドッグセラピーで訪問した高齢者施設に

視覚障害でほとんど目が見えていないおばあちゃんがいたそうです。

 

この施設は1年半毎月訪問していますが、そのおばあちゃんは必ず参加されていました。

でも、ゲームセラピーで参加しませんか?と声をかけても

 

私は目が見えないから…。

ちんちくりんだから…。

 

と断っていたそうです。

 

きっと、ゲームなど身の丈に合わないという意味で

ちんちくりんと言われていたのでしょう。

 

ドッグセラピストは、せっかく参加して頂いているのに、

ちんちくりんと言ってほしくない!と、あるレクリエーションに

挑戦して頂こうとお願いしました。

 

それは、白紙の名札にセラピードッグの名前を書いて頂く名札つくり。

 

施設のスタッフの方も一緒に応援するという事でおばあちゃんは

何とか承諾してくださったそうです。

 

まずはペンをもって、ドッグセラピストがアドバイスをします。

 

字を書くのは本当に久しぶりと時々笑顔を見せながら

ペンを握りしめるおばあちゃん。

 

名札つくりは通常は2~3分で終わる項目ですが、

ゆっくりゆっくり15分以上かけて書いてくださったそうです。

 

それがこちら。

犬の名前を書くために、挑戦するってすごいですよね。

セラピードッグが成せる業です。

 

今回の報告を聞いて、ドッグセラピーに必要な要素は、

受容と共感と挑戦かな?と思いました。

 

挑戦することで、大切な宝物ができます。

それがまた生活の糧になる。

 

サポートするのがドッグセラピストのお仕事ですね。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミ―・ウィジードッグクラブ

島本

 

 

最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る