ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

ワンランク上のドッグトレーナーを育てます!

2018年05月25日(金)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いします!

 

現在、ジャパンドッグアカデミー卒業生が所属しているウィジードッグクラブ

のドッグトレーナー達に骨格、筋肉などの勉強をしてもらっています。

そこでうれしい話がありました!

しつけ教室中にドッグトレーナーが

 

あれ?少し歩き方おかしい?

 

と感じ、飼い主さんに犬の歩き方に違和感があることを伝えたそうです。

そこで、飼い主さんは直ぐに病院に行き検査をしたそうです。

 

診断結果は…。

 

レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症)だったそうです。

この病気は、簡単に言うと大腿骨の先端が壊死する病気です。

 

でも、獣医さんからはよくこの初期段階で気づきましたね!

といわれたそうです。

 

勉強することで観察力ができ、

それが早期発見につながるというのは本当にうれしいことです!

特にレッグペルテスはかなりの痛みがあるそうで、早期治療ができるのは

ワンちゃんにとっても良かったと思います。

 

先日、海外でも研修などを経験されている獣医さんとお話する機会がありました。

 

話をしていると、アメリカやオーストラリアの動物の総合病院では、

受付、動物看護士、ドッグトレーナー、獣医師、リハビリ専門など

チームとして1頭の犬を治療・ケアをするのだそうです。

 

しかも、全員が勉強会に積極的に参加してかなりの知識を持っているのだそう。

だから受付のスタッフは、犬の症状や状況を観てどの専門獣医を紹介すれば

良いのかが分かるそうです。

治療した後も、リハビリ専門や看護師、ドッグトレーナーも知識があるので、

その治療に合わせたケアやしつけ対応も出来るのだそうです。

 

JDA卒業生・ウィジードッグクラブのドッグトレーナーには、

犬たちの為にこの役割を担ってほしいと思っています。

 

もちろん、診断はしません。

知識があれば、獣医さんの診断結果を聞いて、

その犬に合ったドッグトレーニングの内容を組み立てることができます。

6月は、ウィジードッグクラブのドッグトレーナー達に向けて、

膝関節や股関節に詳しい獣医さん、

疼痛緩和やQOL、統合医療に詳しい

獣医さんに勉強会を開催してもらう予定です。

 

ドッグトレーナーは飼い主さんの身近にいる存在だからこそ、

沢山の知識を持つことでより犬を幸せにできます。

 

この団体のドッグトレーナーたちは技術も知識もすごい!

 

そんな集団ができつつありますから、突き進んでいきますよ!

JDA生にも取り入れていきますからね!

 

ちんぷんかんぷんな専門用語が飛び交っていますが…。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 
最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る