ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

許せない事件 ドッグトレーナー・ドッグセラピストとしてできること

2018年06月08日(金)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いします!

東京目黒でショックな事件がありました。

5歳の女の子を虐待死させた事件です。

 

女の子は手書きで父親と母親に

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします

とメッセージを書いていました。

 

5歳の女の子が覚えたての文字でこんな悲しいことを書くなんて

本当に胸が締め付けられますし、全文読むことが出来ませんでした。

 

児童虐待は10年前と比べると10倍に増えているのだそうです。

 

虐待事件でよくしつけのつもりという事を聞きますが、

自己中心的に物事を考え、子どもに無理な事をさせようとしたり、

自分の思い通りにならないと支配的にコントロールしようと

いう心理がはたらくのだそうです。

 

また、仕事や対人関係がうまくいかないなど、劣等感も関係しています。

本来、私たちはうまくいかない場合は原因を考え、それに対して

克服をしようとします。しかし、虐待に走る人の多くは、克服する

努力をせず、弱いものをいじめて劣等感を埋めるのです。

 

性格形成をする幼児・児童時期に適切な教育を受けてこなかったのも

大きな原因だと考えられます。

ドッグセラピーにAAE(動物介在教育)と言われるものがあります。

教育現場に動物を介在させ、様々なプログラムを立て、

命の大切さや他者意識などを育てていきます。

 

3.6日に1人の子どもが虐待死していると言われています。

人間でこの数ですから、動物虐待ももっとあると考えられます。

私は、ドッグトレーナー・ドッグセラピストは

命を教える立場にあると思っています。

 

児童虐待も動物虐待も深刻な問題です。

ドッグトレーニングだけではなく、

こういった問題にも取り組んでいかないといけないでしょう。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 
最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る