ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

犬は空気を読めるか?

2018年06月21日(木)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いします!

 

先日・・・角に足の小指をぶつけました。。。

あれは、かなり痛いですよね!

 

でも、うずくまっている私をあざ笑うかのように飛び跳ねながら

時には私の顔を覗き込んではしゃぐ私の犬たち…。

 

「小指ぶつけよった!」と言ってるようでした。

以前に犬は空気を読めるのか?という記事を見たことがあります。

心配すらしない私の犬たちを見る限り空気読めてませんね。(笑)

 

いや!日ごろから恨みでもあったのか?

 

英ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジの実験で、

人間が「泣いているとき」「鼻歌を歌っているとき」

「会話をしているとき」の3つの状況をつくり、犬の反応を調べました。

そうすると、泣いているとき犬は寄り添ったり舐めたりしたそうです。

 

人の感情を見て慰めようとする心理があるという事で、

空気を読んでいるのではないか?ということです。

 

ドッグトレーニングをしていると、これは納得ができます。

むしろ、空気(雰囲気)というのはとても大事だと気付かされます。

トレーナーの心理状況で、犬も萎縮や興奮状態になります。

 

緊張などトレーナーはどう隠そうとしても、

犬は頼りない!と思うんでしょうね、

違和感を感じ動かなくなったり、糸が切れたようにいきなり

走り出して暴走する犬もいます。

 

そういうところを見ると、

犬は空気を読むことがとても得意というのが分かり、

特にトレーニングや人との関係を蜜にしている犬ほど、

学習能力が高く人の失敗をあざ笑う犬もいるような気がします。

 

犬に笑われないようにするには、ジャパンドッグアカデミ―で指導している

犬の心理を先読みしてより早く動く技術ですね。

 

これは空気を読んでいる?それとも読めていない?(笑)

 

感謝

ジャパンドッグアカデミ―・ウィジードッグクラブ

島本

 

最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る