ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

介助犬が1頭であなたに近づいてきたら?!

2018年08月11日(土)

はじめにクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

さて問題。

あなたが街を歩いている時、介助犬が1頭で近寄って来たらどうしますか?

 

飼い主(ユーザー)さんとはぐれた?と警察に届ける?

お仕事を放棄しちゃった?と撫でておく?

いや!きっと仕事中だからと無視をする?

 

じつは、その場面に出くわしたら、ユーザーさんがかなり

危険な状態になっているかもしれないというサインなのだそうです。

 

日本では馴染みがありませんが、

てんかん発作を抱えているユーザーさんに付きそう介助犬がいます。

発作が起こると、近くにいる人を探し、鼻でツンツンと知らせて、

ユーザーの元へ誘導するトレーニングを受けているのだそうです。

 

アメリカでの出来事ですが、てんかんを抱えているユーザーさんが

介助犬と歩いている時、転倒したそうです。

すると介助犬は近くにいた人を探しに行ってしまいました。

ユーザーさんは直ぐに立ち上がり追いかけていくと、

介助犬は知らせた女性にあっちに行け!と叩かれていたそうです。

 

SNSで広がり、介助犬の事が認知されていないがゆえに起こった

ニュースと取り上げられたそうです。

 

この話を読んでいて、日本は盲導犬など知ってはいるけど、もっと認知されていないし、

人間の為に働いてくれている犬に対しての誤解もかなりあるな~。

と思いました。

セラピードッグを育成していると、

無理やりストレスをかけて育成していると思われることがあります。

 

無理やりなストレスがかかったセラピードッグは人を癒すことはできません。

常に嫌な顔や人に委縮した表情をみせるようになるからです。

 

だから、ドッグトレーナー・ドッグセラピストたちは

常に犬が楽しめる方法を考えながら、極力負担をかけずに遊びの延長としてトレーニングを行います。

これは、災害救助犬も盲導犬たちも一緒です。

 

叩かれたり厳しいトレーニングをしていると心からやりたい!と

思わないのですから必ずほころびが発生します。

私たちと共にお仕事をする犬たちは、一生懸命尽くしてくれます。

その犬に最大の敬意を払い、私たちも一生懸命応えている。

そんな関係ができていることも伝えていきたい1つです。

 

そして、セラピードッグ・盲導犬・聴導犬・介助犬など

トレーニングの分野が違うドッグトレーナー同士も

お互いを知って、お互いを伝えていく必要があると思いました。

 

そうしないと犬たちが肩見せまい思いをしちゃいますからね!

 

最後にアスペルガー症候群でパニック発作を起こした女性に寄り添う

介助犬の動画がありました。

こういう犬もいるってことを知るのも大事ですね。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミ―・ウィジードッグクラブ

島本

 

 

JDAのスクールの中身が見れる掲示板!

JDAってこんな事をしているんだ!が分かります!ぜひ見てください!

 

最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る