ドッグトレーナーとドッグセラピストの学校【JAPAN DOG ACADEMY】

電話番号0120-499-491

受付時間:10時~21時(水~日)

東京都大田区田園調布1丁目6-17

お問い合せ・資料請求(無料)
JDAブログ

オッドアイ

2018年10月06日(土)

はじめにクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

今回の投稿は加藤が担当させて頂きます。
2回目の投稿ということで、今回は私のパートナードッグについてお話しようかと思います。

東京校にスクーリングに来ている方はご存知だと思いますが、パートナードッグのララはオッドアイなのです。
バイアイとも言いますが、左右の眼の色が異なる目のことをいいます。

オッドアイと聞いて、シベリアンハスキーを想像する方も多いのではないでしょうか。しかし目の色素が薄いことで、瞳の色が異なってみえるものなので、ハスキー以外の犬種でもオッドアイの個体は生まれることはあります。
因みにララはボーダーコリーですが、片方の眼がブルーのような色をしています。

散歩中などで会った人には「きれいだね」とか、目の色が違うこともあって、「目は見えているんですか」と聞かれることがありますが、ちゃんと見えています。
初めて見る人には驚かれたりする人もいますね。皆さんは見たことがありますか?

ご存知の方もいるかも知れませんが、ブルーアイは劣勢遺伝子とも言われます。そのため子供の時は異常がなくても、成長すると目が見なくなったりすることがあるそうです。それとともに他の劣勢遺伝子を受け継いでいる可能性もあるため、病気のリスクが高いと考えられる事があります。

ブルーアイは確かにキレイですが、リスクがあることも知っておく必要があります。とは言え私自身は特にリスクを考えずにララを迎えましたが……。
ララは今特に異常もなく過ごしています。ララの姉妹にもオッドアイの子がいますが、その子も元気にドッグダンスをしつけ教室に通いながら行っています。

将来のリスクを考えることも大切ですが、一つの個性としてみてあげることもやり方なのではないかな。と思っています。

現在、犬と遊ぶ本プロジェクトのクラウドファンディングで協力して下さる方を

募集しています!しつけは遊びの延長で、もっともっと愛犬と純粋に遊んでほしい!

そんな想いで作られた本です。

是非、一度読んでいただければと思います。

 

JDAのスクールの中身が見れる掲示板!

JDAってこんな事をしているんだ!が分かります!ぜひ見てください!

受講生の声

最後にクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!
資料請求はこちら

資料請求・お問い合せはこちらから

トピックスTopics

実技トレーニング開催場所&日程

ドッグセラピスト・ドッグトレーナーの活動先が増えています。一緒に活動しましょう!資料請求はこちら

トレーナーたちのドッグダンス動画を公開!

↑このページの上部へ戻る